知らざるハンドクリームに隠された成分大公開!!

ハンドクリームに含まれている尿素の効果

ハンドクリームはお肌を乾燥から守るために使用しますが、ハンドクリームには尿素と言う成分が含まれています。人間の体の80パーセントは水分で出来ていることは有名ですが、水分が体内から排出されることが原因でお肌が乾燥し、ひび割れに繋がってきます。しかし、ハンドクリームに含まれている尿素がお肌から水分が排出されることを防ぐためにハンドクリームを使用するとお肌が乾燥しなくなります。ですが、体内から水分が一切排出されないと体臭の原因にもなりますが、ハンドクリームを使用する箇所は手のみになるため、身体からは汗として水分が排出されるので、安心です。

ヒアルロン酸はお肌の強い味方です

ハンドクリームにはお肌の保温効果を高めるためのヒアルロン酸が含まれています。ヒアルロン酸は元々体内に含まれている成分ですが、寒さが厳しい冬は体内に存在しているヒアルロン酸のみでは対応がしきれない状態になります。そのために、ハンドクリームを手に塗ることによってヒアルロン酸を補充することによって、手の体温を守ります。一般的にはヒアルロン酸はお肌の保温効果を目的として使用する成分ですが、年齢と共に現れるお肌のシワを減らすこともできるために、お肌の乾燥を防ぐ以外にもシワ対策として女性に嬉しい役割を果たしています。そのために、高齢者になる程ハンドクリームを利用する傾向が強くなります。このようにヒアルロン酸は2つの役割を果たしているとても優れた成分と言えるでしょう。

品川美容外科の判例について調べる